sousakunegai

特設ページ

特設コラム

明奈と陽悠のぶっちゃけ言いたい放題!

「夢魅つつ」の主人公、明奈と
お供の陽悠が繰り広げる
毒舌、ネタバレ上等の座談会!
(一応攻略も含みます)

※ご注意※
当コラムの内容には一部ショッキングな表現が
含まれることがあります。
また、登場人物の絵柄や性格はフィクションであり、
実際のゲームとはほとんど関係ありません。

第5回


陽悠:
明奈、今回は本っっ当に自重してくれよ。やり過ぎって怒られても知らねぇかんな。


明奈:
あれはあなたが変なこと言ったせいじゃないの。さて、コラム第6回目です。

陽悠:
ちぇっ。今回のゲストはホテルRelief二代目総支配人の久那静留さんです。


久那:
こんにちは真壁さん。脱出の夢の進捗は順調のようですね。

明奈:
はい、まあ一応は。今回大きく展開が動きましたし、脱出まであと一息ってところですね。

久那:
こちらとしても協力は惜しみませんよ。何かあればすぐに相談して下さい。

明奈:
助かります。ありがとうございます。

陽悠:
何だか妙に雰囲気よさげだな、お二人さん。

明奈:
陽悠、本当にそう見える? 微妙に他人行儀な空気でしょうが。

陽悠:
文字だけだから空気なんて見えねぇよ。ふーんだ。

久那:
あはは、そう見えても仕方ありませんね。なにせ私と真壁さんは特別な関係ですから。

明奈:
久那さん、その言い方はとんでもなく誤解を招きますって……。陽悠もそんなジト目で見ないの!

久那:
おや、では浅からぬ縁とでも言い換えておきましょう。実は私と真壁さんは一時期パートナーになる予定だったんですよ。

陽悠:
うえっ!? マジで?

明奈:
それって結局は没になった話じゃないですか。

久那:
まだ「夢魅つつ」というタイトルでなかった頃の話ですね。当時は登場人物の大まかな案だけが決まっていて、名前が付けられていたのは主人公と、その助手となる男性だけだったんですよ。

陽悠:
その助手の名前が「久那静留」だったわけか。

久那:
名前だけでなく性格も似通っていましてね。兄のように頼れる存在として、真壁さんを支えていくつもりでした。

陽悠:
兄のように頼れる存在……。

明奈:
陽悠、ほら、そんなにガクーンと落ち込まないの! 今とは全然違う作りだったんだし、最終的に決まったのは陽悠なんだから。

陽悠:
いいよ気ぃ使わなくて。どうせ踏み台代わりの便利な弟役が欲しかったんだろ。

明奈:
陽悠~~妙な拗ね方しないでよっ!

久那:
あはは、すみません。からかい過ぎましたか。相羽さんも演技はもう結構ですよ。

明奈:
えっ?

陽悠:
へへっ、引っかかったな明奈。

明奈:
へっ……はぁっ?? ま、まさか二人ともグル……!?

久那:
事前に打ち合わせ済みです。たまにはこんな余興もいいじゃありませんか。

陽悠:
ま~ぶっちゃけ全部台本なんだけどな。文句あるならスタッフに言えよ。

明奈:
ひぃゆぅぅぅぅ!!



◆収集物回収のヒント


陽悠:
えー、突然ですが明奈がすねてバックレたので、ここからは俺たち二人が代行します。


久那:
幸い手元に明奈さんから頂いた報告書がありますのでね。第5話の収集物は全部で5つですか。

陽悠:
「部屋1」「部屋2」「すれ違い」「裏口」「安藤」……明奈っぽく端的に一言で表すとこんなところだな。

「部屋1」「部屋2」は、同時刻に何度も通いつめるタイプだな。特に「部屋1」は始まってすぐに取れるから、見逃さないようにしないと。

久那:
どちらもに発見できるというのが特徴ですね。「裏口」深夜のようです。

陽悠:
残りの2つは、時間帯を変えて入手できるパターンだな。「すれ違い」はともかく「安藤」ってことは……。

久那:
恐らく安藤の居場所に手がかりがあるのでしょう。時間が空いた時に通ってみるといいですよ。



◆夢脱出のヒント

久那:
報告書によると、以前の夢の続きだそうですが。

陽悠:
ああ、そんな事言ってたような。以前と違って今回は強力な武器があるから、脱出には心強いな。

久那:
この武器の有る無しでは、夢前編の生存率に大きな違いがあるそうですよ。就寝時には常に準備しておきたいですね。

陽悠:
あと、同じ場所には何度も行かない方が吉だってさ。

久那:
夢後編では、深夜に3つのことを準備しておくと良いそうです。うち2つは1日目でも準備可能だと。

陽悠:
あー、明奈がつまずいたアレだな。

久那:
1つ1つでは無意味ですけど、組み合わせることで最大限の威力を発揮するそうです。

陽悠:
しっかし、ホテルでこんなもん作るハメになるとは……。

久那:
現実に影響しない限りは何をやっても構いませんよ。所詮、夢ですから。

陽悠:
そうも言ってらんねぇ気がすっけど……お、明奈が戻ってきた。

明奈:
陽悠、もう終わったの?

陽悠:
解説ならちょうど済んだところだぜ。なあ、これ終わったら明奈の好きなモン食いに行かね? もち、久那さんのおごりで!

久那:
おや、私の財布が目当てですか。

陽悠:
んな高いモンは要求しませんって。さ、明奈早く行こうぜ!

明奈:
わっ、ちょっと、引っ張らないでよ陽悠!

久那:
やれやれ……あっけない仲直りですね。次回は第6話の解説をするそうです。お楽しみに。